中国专业翻译办事商

办事热线 HOT LINE (24H):

1801278137913013776078 0512-65243420

最新消息

日语翻译经历:总理翻译是如何练成的

日文消息 
■ 全人代第3回会議記者会見の英語通訳・張璐さん

「われわれは『百里を行く者は九十里を半ばとす』という古い教訓を忘れてはなりません。少しも気を抜くことや、油断すること、迷うことは許されません。私はこれを肝に銘じて向こう3年間の仕事に取り組みます」。

これは、本年の温辅弼の発言です。温家宝辅弼の発言には詩や古語がよく援用され、なかにはある程度教養がなければ、意味が分からないようなものも多くあります。そういった難しい言葉を次々と本国語に訳していくのは並大年夜抵のことではありません。しかし、それをいとも簡単なことのようにやってのけたのが、温辅弼の左側に座って通訳をつとめた張璐さんでした。

サファイア・ブルーのカッターシャツにダークカラーのスーツを身にまとい、かわいいボブ・ヘアを耳に掛けている張璐(チョウ・ロ)さん。凛と背筋を伸ばし、淡々と通訳をこなす姿は、控え目ながらも存在感があります。 

 

■実力主義の選抜訓練

外務省翻訳室の職員によりますと、外務省に入り優秀な通訳官になるためには、厳しい競争、過酷な訓練、綿密な準備という3つの試練に耐えなければならないといいます。

外務省の通訳官になるためには、1次試験と2次試験に通過しなければなりません。1次試験は公務員試験の順位、もしくは専門の黉舍における筆記試験に合格する须要があります。採用試験の英語の難易度は相当高く、筆記試験を無事通過したとしても、その先には英語面接が待っています。面接の成績優秀者、上位10人から15人が次のステップ「観察研修」に進むことができます。

「観察研修」とは、実際には実力主義の選抜訓練です。まず強化訓練として、翻訳室の先輩たちと毎日、リスニング、通訳、翻訳の練習を繰り返します。1次試験の合格者のうち、最終的に採用されるのは4%に満たないといいます。

 

■「通訳のナショナルチーム」

外務省翻訳室の任小萍副主任によりますと、翻訳する際は少しも気を抜くことができず、内容から文体、呼称、専門用語まで、一つ一つ調べる须要があります。決していい加減にはできませんし、思いこみは禁物です。単語の意味だけでなく、背景や出典を知っておくことも须要です。また「通訳者は強靭な精力力が求められ、自负を持つだけでなく、平常心でなければなりません。予想外の事態が起こった際に、慌ててミスを犯さないように、全ての神経を集中させる须要があります」。

 

次に近道のない過酷な訓練です。翻訳室の職員は「(通訳は)心から好きでなければ、絶対に続けられない仕事だ」と口を揃えて言います。

最後の難関は下準備です。通訳官は毎年、辅弼の記者会見が行われる1カ月前に告诉を受け、その時点から通訳を任された通訳官はラストスパートに入ります。辅弼の記者会見を例に挙げると、下準備としては全人代で核心となる問題や、辅弼がこの1年間に行った談話の内容などを調査します。本番前には、模擬記者会見を開き、手の空いている同寅に相手をしてもらい、予期しない問題が発生した状況を想定して練習を行います。このほか、入場のリハーサルも行うということです。

 

「通訳者の中国代表チーム」と呼ばれている外務省翻訳室は新中国成立後、「翻訳隊」から発足し、その後、「翻訳処」を経て今の「翻訳室」にいたりました。この間、数々の優秀な人才を育ててきましたが、現在はスタッフの8割以上が張璐さんのような若い通訳で占められています。これら若者たちはその優れた活躍ぶりで、ますます多くの人から認められ、尊敬を受けています。

中文相干消息

 

 


2010年3月14日上午,人平易近大年夜会堂金色大年夜厅里聚满了中外记者,国务院总理温家宝在这里召开记者会。人们都异常存眷温总理若何即兴答复记者的提问。

“我们应当记住如许一条古训:‘行百里者半九十’,弗成有任何松弛、麻痹和动摇……我将以此明志,做好往后三年的任务。”温总理起首发表讲话,援用古训明志。接上去,在答复提问时,他更是旁征博引、妙语连珠。

“总理身边的翻译换人了!”眼尖的记者发明,坐在温总理左边的是一名名叫张璐的女翻译。她是交际部翻译室英文处副处长。在两个多小时的问答中,不管温总理谈到甚么诗词、古语,她都能敏捷、流畅地停止翻译。

超强的政治敏感

3月16日,记者会停止后的第三天,张璐回到了母校交际学院,应邀给学弟学妹们讲述“总理记者接待会翻译的领会”。本来只能包容200人的申报厅被挤得风雨不透,走廊里、过道上站满了人。

“之前都是听他人做申报,没想到明天倒是我给大年夜家做申报。”张璐谦虚地说。她神情专注、卖力,唯一不合的是,回到母校的她,多了几分俏皮与抓紧。

关于本身忽然“走红”,张璐有些不测:“其实交际部有很多出色的翻译,只是此次恰好派我去,而一年一度的总理答记者问又备受存眷。”

在张璐看来,给引导人当翻译,起重要有较高的政治敏感。“翻译时要保持对原文的忠诚,做到照实翻译。”她举例说:“在此次记者会上,温总理廓清所谓中国在哥本哈根大年夜会上‘傲慢’的传言时提到,‘……我从一名欧洲引导人那边知道,那天早晨有一个多数国度参加的会议……’由于我随着总理去过哥本哈根,知道他指的‘那位引导人’是谁,也知道这小我的性别。但当时总理并未说起这位引导人的名字,所以我在翻译时也不克不及直接说出这小我的名字,乃至不克不及注解性别。英文里有男‘他’和女‘她’的差别,所以在翻译时,我选择用主动句式来表达。”

张璐说,当一个好翻译还要懂得引导人措辞的意图,可以结合当时的语境去“巧译”。她说:“大年夜家对我在翻译总理古诗词时的表示赐与了肯定。其实,古诗词翻译其实不是我的强项,哪怕能再多给我一秒钟时间,我都能翻译得加倍精确。”张璐认为,本身此次的表示,重要归功于平常平凡的积聚。“我发明总理最爱好援用刘禹锡、王安石和屈原的诗词。所以,给总应当翻译时,要结合他措辞的语境,知道总理在这个时辰援用古诗词是想要传达如何的一种精力。这一点很重要。”

张璐简介本身在交际部的任务状况时说,“有点上学时的感到”。“每天要很夙兴床,要听BBC(英国广播公司)、VOA(美国之音)等充分本身。早晨归去要造作业,总结、回想当天翻译的器械。有时辰刚下飞机,时差还没倒过去,就被叫去,一翻译就是好几个小时,回来后全身酸痛,疲惫不堪,感到像是被人痛打了一顿。”不过,张璐也领会到个中的成就感,“特别是给引导人当翻译,他们是我异常敬佩的人,我认为这是件异常幸福的事。”

“镌汰式培训”

交际部翻译室的一名任务人员向记者泄漏,想进入交际部当一名优良的高等翻译,必须经得起3道考验:严格挑选,猖狂演习,严密预备。

交际部遴选翻译人员要经过严格的初试和复试:初试普通经过过程公事员测验排名,或是去专业院校停止口试。这位任务人员说:“入部测验中的英语程度测试相当难,经过过程口试后还必须参加英语面试,个中成就排在最前面的10至15名,才有能够进入翻译室参加下一阶段的‘不雅察培训’。”

“不雅察培训”本质上就是“镌汰式培训”。起首是强化练习,由翻译室的几位前辈每天陪学员做大年夜量的听力、笔译和笔译演习。“培训的强度很大年夜,所用的教材时效性很强,根本上都是当天的消息和评论,或近期的热点话题。”交际部还会约请一些专家来讲课,同时周全不雅察学员的外语根本功、翻译潜质、融协力、说话表达习气、声响状况、刻苦精力、遭受高强度任务压力的身材和心思本质、组织规律性……“经过过程初试的人,只要不到4%被终究录用”。

“中国翻译的国度队”

交际部翻译室像是“教室”,张璐和同事们接收的是“魔鬼练习”。翻译是有必定技能的,为了进步速度,部分外容会用一些符号来代替。“比如‘四项基来源基本则’可以用‘四’字来代替,‘自力自立的战争交际政策’可以用‘和’字外面加一个圈来代替。”除此以外,引导人说话的时辰,你弗成能让他停上去,即使是持续10分钟的讲话,也得尽能够全部翻译出来。是以,记笔记是翻译的一个任务重点,这就须要赓续地演习臂力。

交际部翻译室副主任任小萍曾对外简介,翻译室最大年夜的特点之一是培养严谨的任务立场。“翻译过程必须一丝不苟,从内容到编制,从称呼到公用词,该查的必须一项一项查,决不克不及忽略或想固然。不只要查,并且要知道出处。”“翻译人员还必须具有超强的心思本质,既要有信念,又要保持一颗平常心。必须集中全部精力,不克不及许可有半点虚荣心作怪,不然,碰到难点和成绩,就会方寸大年夜乱,就会‘砸锅’。”

接上去,就是没有捷径可走的“猖狂演习”。翻译室的很多任务人员都说,要不是心坎真正爱好,肯定没法保持上去。他们经过过程这类演习,最后都能“不由自立,习气成天然,看到中文时,嘴里就可以立时条件反射出英文来。”

 

经过猖狂演习,最后一道关,就是“战前预备”。“每年总理的记者会,交际部都要提早一个月告诉翻译。从那时起,接到义务的翻译就进入‘冲刺阶段’。不过这不是一小我在战斗,而是有一个团队在一路预备。”翻译室的任务人员说,以总理的记者会为例,“大年夜量前期的预备任务包含:对两会热点成绩的调研,整顿总理一年来的讲话内容。‘大年夜战’前,还要模仿召开记者会,不上场的同事充当陪练,设计出各类能够出现的突发情况。另外,还要停止‘彩排走场’。”

交际部翻译室被誉为“中国翻译的国度队”。改过中国成立以来,从翻译队,到翻译处,再到翻译室,培养出一批批优良的人才网job.vhao.net。如今的交际部翻译室,年青人占80%以上,他们以出色的表示,博得了愈来愈多人的尊敬和承认。